東飯能~関八州見晴台

今日は、大菩薩峠へ行くとの話もありましたが、
なんとなく中止。

いつもの顔振峠までのコースを歩くことにしましたが、
このところ、長い距離に慣れてきたせいか、
物足りない気分。

もう少し先の関八州見晴台まで行くことにしました。

ここから、高山不動を経て西吾野まで行くと、
23から24キロほどになるので、
丁度よいかもしれません。

当分はいつものコースはここになりそうです。

カテゴリー: ハイキング | コメントをどうぞ

飯能ツーデーマーチ 2013 2日目

今日は飯能ツーデーマーチ2日目。

昨日の30kmに続き、今日も30kmに挑戦。

今日は、バスで名栗庁舎まで行き、そこから飯能市役所に戻ってきます。

バスは6時10分から10分ごとに出発し、
料金は500円。

6時に集合場所に行ったのですが、
乗れたのは6時30分発のヤツ。

7時15分頃名栗庁舎に到着すると、すぐに出発式。

昨日はなかった全員でのストレッチをして、
7時30分出発。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日の反省を生かして、今日はゆっくり目に行こうと
考えていたのですが、皆さん、速い速い。
つい釣られてスピードアップしてしまいます。
昨日より混雑は少ない感じです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはさわらびの湯の広場へ向かい、
名栗川沿いを下ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

県道にでると名栗川をあっちへ渡り、
こっちへ渡りと、ジグザグジグザク
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

15キロほど歩いたところで、すでに疲労感がかなりあります。
周りのスピードについていけない・・・

小瀬戸までくると懐かしい橋が。
小学校の夏休みの宿題でこの橋を写生したことがあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

久須美のチェックポイントを過ると、
20キロコースと合流します。

30キロの人たちとは全然ペースが違い、
かなりゆっくりで、やっと楽になりました。

やまり30キロに出る人は健脚自慢なのでしょうか。

自由の森学園からは上り坂です。
平地より断然楽なのはどうして?

次の下りで更にスピードアップ。

これがいけなかったのか南高麗を過ぎたあたりでバテバテ。

最後のクリーンセンターへの坂を何とか登り、
美杉台の朝日山公園を通って、飯能川原へ。

もう写真を撮っている余裕などありません。

銀座通りの100円市も、中央通りの軽トラ市も
横目で見ながら何とかゴール。

2日続けての30キロがこんなに辛いとは思いもよりませんでした。

どうみても60台後半と見られる方が楽々と歩いているのが
印象的でした。

まぁ、なんとかなりましたがもう少し力をつけないとね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カテゴリー: ハイキング | コメントをどうぞ

飯能ツーデーマーチ 2013 1日目

今日は飯能ツーデーマーチの1日目。

今回は2日とも30Kmを歩く予定です。

外秩父七峰を完歩しておりますので、
このくらい、軽い軽い・・・??

朝、7時40分、集合場所の飯能市役所に行くと、すでに多くの人が集まっています。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

午前8時スタート。大渋滞です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、中山方面から高麗峠、宮沢湖と順調に進みます。
って、みんな歩くスピードが異常に速くないか・・?
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

宮沢湖から精明地区、平松、芦苅場方面、また精明地区に戻ってきました。
曇りの予報でしたが、炎天下をトボトボ歩きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あれ、この用水路の脇の道は小学校以来だな。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこから双柳方面を通過し、岩沢をとおり元加治駅へ。
このあたりになると前後に人がほとんどいません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

元加治の廃線の低い鉄橋。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから阿須の公園を通って、川沿いに飯能駅方面へ。
暑さで朦朧としてきました。

どんどん抜かされた気がしますが、
あまり覚えていません。

ようやくゴール。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平地を延々と歩くのがこんなに辛いとは思いませんでした。

登りや下りがあるとホットするのは普段の逆ですね。

カテゴリー: ハイキング | コメントをどうぞ

日向山~丸山~関八州見晴台~高山不動

今日は、芦ヶ久保駅から日向山、丸山、大野峠、つつじ山、関八州見晴台、
高山不動、西吾野と歩いてきました。

まずは、芦ヶ久保駅を出発。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

果樹園の中を日向山方面に登っていくと、こんなものが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

琴平神社の脇を通るとブヒブヒと声が・・・
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

日向山山頂
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一旦下って丸山へ。展望台があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

丸山から大野峠に下ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからのグリーンラインに平行した山道は
無駄な昇り降りが続きます。
カバ岳。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刈場坂峠を過ぎると先週来た道を逆行です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはブナ峠と読みます。
フウリンツツジが気になりますが、今回もどこなのか分からず。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関八州見晴台はまだまだツツジが綺麗です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高山不動を経由して西吾野駅で終了。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このコースはすぐ下にグリーンラインが走っているため、
精神的に疲れますな。

カテゴリー: ハイキング, 埼玉百名山 | コメントをどうぞ

関八州見晴台~つつじ山~旧正丸峠

今日は午後1時までに帰りたいので、
西吾野駅から関八州見晴台に登り、
行ける所までいこうと出かけました。

8時少し前、西吾野駅到着。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高山不動へ向かう道はいくつかありますが、
今日はパノラマコースで。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中、振り返ると確かに見晴らしがいい。
正面に見えるのは本陣山でしょうか。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

案内板にはなぜかムーミンが。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高山不動は先日来たばかりなので、
今日は直接、関八州見晴台へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

途中、ツツジのトンネルが何箇所も。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

関八州見晴台はこの時期が一番ですね。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

見晴らし台は今日は360度の展望。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから刈場坂峠方面に向かいます。
何度もグリーンラインと交差しながら、飯盛峠。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからチョッと登ったところが飯盛山
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、グリーンラインと交差しながら檥峠。
フウリンツツジというのが気になりますがまた今度。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刈場坂峠の手前が最高点のつつじ山。
展望はあまりよくありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刈場坂峠へと下り、一旦大野峠方面に向かいます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一旦登って下ったところが虚空蔵峠への分かれ道。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道にでると、虚空蔵峠。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから何度も小さな峰を昇り降りして、
正丸峠方面に向かいますが、
旧正丸峠で時間切れ。

正丸駅へ直接下って、今日のハイキングは終了。

後半になり電車の時間が気になりだすと、
写真が極端に少なくなるのはいつものとおり。

反省が役立たないなぁ。

カテゴリー: ハイキング, 奥武蔵ぐるり | 1件のコメント

大持~小持~武甲山

GWの最終日、名郷バス停から大持山、小持山、武甲山、
浦山口駅と歩いてきました。

武甲山は色々なコースがありますが、
山歩きを始めた頃、降りでヒザが痛くなり、
難儀したコースですので、
今まで敬遠していたのですが、
どうなることやら。

東飯能駅から7時13分のバスに乗り名郷へ。

GWとしては割りにバスは空いていました。
座れませんでしたけれど。

名郷バス停から有間山方面に行くハイカーは誰もいません。
少し淋しいですが天気は快晴。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道の途中には入間川の始点があります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

40分ほど歩くと、妻坂峠とウノタワへの分岐。
今日はどちらにしようかな。
足場はあまりよくないですが、
沢沿いを登っていくウノタワ方面へ
横倉林道を登ることに。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

林道が終わるといよいよ山道です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初は沢沿いの道を登っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

沢から離れると、足場の悪い激坂。
写真では分かりづらいですが、もの凄い角度です。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1時間ほどでウノタワ到着。
以前ここには沼があったたいう伝説があるらしい。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

確かに地面がフワフワしていて沼があったとしてもおかしくない。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから武甲山方面へ有間の尾根を歩きます。
横倉山からの風景。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

妻坂峠からの分岐をとおり過ぎ、30分ほどで大持山。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

目指す武甲山が見えてきました。
こちらからみると普段見慣れた姿と全然違います。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

多少の岩を乗り越えながら、30分ほどで小持山
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから一度シラジクボまで一気にくだり、
また武甲山まで登り返します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ようやく武甲神社。ここまで約1時間。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

展望台はここの左を登ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

生憎、秩父盆地はかすみがかかり、ぼんやりと。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さて、後は下るだけです。
橋立の鍾乳洞を目指して、山道をひたすら下ります。
林道まで50分ほど。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後は、林道を30分歩けば浦山口駅。

1時10分。駅到着。7分発の電車は出たばかり。
50分以上待たないといけない。

となりの影森駅から30分後に影森発の電車があるらしい。

これにのれば西武秩父からのレッドアローに間に合うかも。

ということで影森駅まで2キロほどをさらに歩き、
西武秩父から快適にレッドアローで帰ってきました。

芝桜の時期で満員電車に乗りたくなかったものですから。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

顔振峠~関八州見晴台

3連休の中日、吾野駅⇒顔振峠⇒関八州見晴台
⇒高山不動⇒西吾野駅と歩いてきました。

ゴールデンウィークということもあり、
秩父羊山公園の芝桜見物のためか、
電車は通勤ラッシュ並み。

吾野駅で降りた人は数人いましたが、
顔振峠方面に行く人はほとんどいません。

まずは、いつも下る道を逆に顔振峠へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからしばらくグリーンラインを歩いていくと、
グリーンライン沿いに無駄な昇り降りのハイキングコース。

一旦、グリーンラインにもどると傘杉峠。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

再びハイキングコースに戻り2度目のグリーンラインを
横断するところが花立松ノ峠。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこから登り詰めたところが関八州見晴台。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

高山不動の奥の院にあたります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは、360度の景色が見渡せるところですが、
今日は残念ながら霞がかかっていて、
あまり展望がよくありませんでした。

ここから下れば高山不動。
小学校の遠足で来た覚えがあります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大銀杏の新緑が綺麗でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後はぐんぐん下れば西吾野駅。

ちょっと距離的に物足りないところですが、
先週の外秩父のダメージも多少残っているので、
今日はこんなところで帰るとしますか。

カテゴリー: ハイキング, 埼玉百名山, 奥武蔵ぐるり | コメントをどうぞ

お腹が減って・・・

昨日、カロリーを沢山消費したせいか、
今日は、お腹が減って減って仕方がありません。

普段、朝はご飯を1杯でお昼まで
お腹が空くことはないのですが、
10時にチョコを食べてしまいました。

昼は肉うどんを食べたのですが、
足りなくてご飯を追加。

その上、3時には菓子パンを食べました。

体がカロリーを欲しているんですかね。

ようやく、夕飯は通常どうりに戻りました。

で、体重はというと昨日より-0.5Kg

ここで我慢するとダイエットになるのでしょうが、
だるさが取れないということもあり
栄養を取って体力の回復をしないとね。

昨日の影響といえば、筋肉痛はほとんどありませんが、
脛が妙に痛い。

こんなところ痛くなったことがないので、
少し様子を見てます。

まぁ、心配していたより体には影響はなかったようです。

だんだん、体力がついてきたのかな?

そうであれば嬉しいのですけれども。

とはいっても、少し仕事は手抜きでした・・・><

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

外秩父七峰縦走ハイキング

外秩父七峰縦走ハイキング。なんとか完歩できました。

朝から生憎の雨。

午後には回復するとの予報でしたので、
とりあえず、始発の電車で行くことにしました。

6時前、スタート地点の小川駅に着くとすでに、
大勢の人たちが並んでいました。

しばらくすると、列は動き始め直ぐに受付&スタート。
6時15分頃。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぞろぞろと雨の中、歩き始めました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、官之倉山のCPへ向かって行きます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名物の渋滞。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

官之倉CP、7時40分。

この辺りから写真を撮る余裕も無くなってきました。

和紙の里でトイレ休憩をし、林道を登って行きます。

上のほうが白く見えるのは気のせい?
と思っていたら笠山の手前でこんな風景が。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

笠山CP、10時55分。
10時30分までに到着予定でしたので、
このペースで行くと完歩は難しいかもということで、
同行者は帰ることになりこの後は一人旅。

堂平CPの手前はゲレンデ状態。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

剣ヶ峰CPを過ぎると下りはズルズル。
・・・・転びました。

ようやく定峰峠に到着したのが13時。
ここも30分遅れです。

すでに泥まみれ、靴はグショグショで、
寒いし、冷たいし帰りたくなりましたが、
半分来たところで諦めるのももったいない。

まぁ、行ける所まで行こうと歩き始めました。

この後の大霧山までのアップダウンが辛い辛い。

14時7分、大霧山CP。
ようやく晴れ間が見えてきてすばらしい景色でした。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

諦めなかったご褒美ですね。

この後、皇鈴山CP15時20分、登谷CP15時50分と
ゴールが見えてきました。

釜伏峠から約10キロの舗装の下りを飛ばします。

と、足の裏に豆が出来たようで、痛い・・・

冷え切った足の指が攣りそう・・・

一気にペースダウンしてしまいましたが、
17時35分、ゴール。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最悪のコンディションの中、ゴールできたのは満足です。

完歩の賞品は帽子を貰いました。

行きの電車の中でかぶっている人がいて、
うらやましかったんだもん・・・><
2013-04-21 17.55.31

今回のコースでは官之倉山、笠山、堂平山、大霧山、
皇鈴山、登谷山と
関東百名山や埼玉百名山にあたる山がありましたが、
写真もあまりとれなかったのが、残念。

来年も参加・・・・するのかなぁ?

カテゴリー: ハイキング, 埼玉百名山, 関東百名山 | コメントをどうぞ

武川岳~横瀬双子山

今日は、名郷から武川岳、横瀬双子山、芦ヶ久保への
縦走ルートを歩いてきました。

7時43分東飯能発のバスは満員状態。

いよいよアウトドアシーズン開始ですね。

さわらびの湯で半分ほど下車、
名郷でも殆どの方が蕨山方面へ。

8時40分頃出発です。

西山壮の入り口から舗装された林道を登ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ところどころ林道をショートカット。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いよいよここから本格的な山道です。
ってもの凄い角度で登っていきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

天狗岩の手前ではカタクリの花が咲いていました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここが天狗岩。慎重にルートを探して登ります。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しばらく登ると前武川岳。特に頂上があるわけではありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名郷から2時間ほどで武川岳(1051.7M 関東百名山、埼玉百名山)

ここまで殆ど登りですが、ここからアップダウンの繰り返し。
途中の尾根から伊豆ケ岳がよく見えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

武甲山も見え隠れしますが、木々にさえぎられて
あまりよく見えません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少し行くと巨大な水溜りが見えるところへ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昼食は焼山で。ここからは武甲山の全景が見えます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

再びアップダウンを繰り返し横瀬双子山雄岳(882.7m 埼玉百名山)へ。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

一旦下って登ると双子山雌岳(882.7m)

ここからは尾根コースと沢コースに分かれますが、
芦ヶ久保駅の裏に降りる沢コースを選びます。

ようやく芦ヶ久保駅に着いたのが午後1時30分頃。

下りの辛さを十分に味わった一日でした。

カテゴリー: 埼玉百名山, 埼玉県, 関東百名山 | コメントをどうぞ