名栗はぎの里植樹&楢抜山

今日は、「名栗はぎの里づくり2000本のはぎ植樹」に
参加してきました。

NCM_0080

さわらびの湯の下の土手を
はぎで埋め尽くそうという企画です。

小学生から高齢者まで70、80人の参加でしょうか。

予定より30分以上も早く作業終了。

最後は全員でバンザイです。

NCM_0084

せっかく名栗まで来たので、前から気になっていた
楢抜山(553.5m、埼玉百名山)に登ることに。

この山は名栗湖から赤沢の間の県道の北の尾根にありますが
ハイキングマップには道がでていません。

地形図の読み方の練習を兼ねて、
赤沢のスサノオ神社を目指すことにします。

まずは、川又の交差点を過ぎたところから、
尾須沢鍾乳洞を目指します。

この鍾乳洞は以前「コウモリ穴」と言われていたようですが、
現在はコウモリはいません。

同行者のペースが速いの写真を撮る余裕がありません・・

ロッククライミングの練習をしている人がいました。

この岩を西に巻いて頂上を目指します。

ほとんど人が入っていないような山道で
かなり荒れています。

急坂を登り楢抜山。
展望は一切ありません。
NCM_0086

この後は、尾根伝いに下っていきますが、
一切案内標識などはなく、
地図を頼りに尾根を選んで行きます。

現在地を考え進む方向を地図とコンパスを使って決め、
進んでいきました。

登りは尾根伝いに上へ上へと行けば簡単ですが、
下りは尾根が分岐しています。

分岐を間違えるととんでもないところにでてしまうので、
一つ一つの分岐を検討して下っていかなければなりません。

結局、予定通り神社が見えたとき思わずガッツポーズ。

本日のコースは以下のとおり。

川俣⇒尾須沢鍾乳洞⇒楢抜山⇒スサノオ神社⇒赤沢バス停

やぁ、こういうのも中々楽しいハイキングです。

また行きたいなぁ~。

でも一人では無理!!

カテゴリー: ハイキング, 埼玉百名山   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>