大高取山・鼻曲山・鎌北湖・北向地蔵

今日は、越生駅から武蔵横手駅まで歩きました。

目標は大高取山(埼玉百名山)。

ここだけではすぐに着いてしまいますので、
八高線から西武秩父線をつなぐことにしました。

まずは、越生駅を出発。

ハイカーと思われる人は他にはいませんでした。

まだ、梅の時期にはちょっと早いようです。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

名栗や吾野の山道を歩き慣れていると、
なだらかな坂道で辛くはありません。

50分ほどで大高取山山頂(376.4m)
展望はまったくありません。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そこから一旦逆戻りし、下っていくと桂木観音。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからちょっと分かりづらいですが、
階段を下った突き当りを右にいけば問題ありません。

しばらく尾根伝いに歩くと、天望峠で林道に出ます。

そこでなんと3upのローディー達に偶然会ってびっくり。

その後、道は急坂が多くなり、
よじ登るように上がった先が鼻曲山。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

馬の背のような岩場も多少あり、
ちょっとしたスリルを味わいながらカイ立場。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから一本杉峠まで、ハイキングマップでは破線の道。

地形図を見ると直接鎌北湖方面に道がありそうなので、
左に降りてみることにしました。

すぐに十字路があり、取り敢えず真っ直ぐ行ってみると、
尾根道になっています。

地図上では谷を下っていくようですので、
戻って十字路を右に下ってみます。

すると、なにやらあやしい基地のようなものが。
さらに怪しい乗り物。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どうやら高圧線の工事のための施設のようです。

ここを超えると林道になり、下ると獅子が滝。

ここから鎌北湖へ抜ける山道が地形図に載っていますが、
それらしき道はありません。

仕方なく林道を進むと鎌北湖に着きました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここから宿谷の滝へ行く予定でしたが、
物見山までの激坂があることを思い出し、
なだらかな北向地蔵方面にコースを変更することに。

北向地蔵からは最短の五条の滝方面へ下ります。

普段は、ここはほとんど走って下る道ですが、
電車の時間に余裕があったので、
五条の滝にも寄ってみました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そんなこんなで武蔵横手駅。

う~ん、このコースはほとんど展望がなく、
静かな山道の雰囲気が好きな方にオススメですかね。

距離 17.1km 時間 約5時間

カテゴリー: 埼玉百名山   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>