埼玉県飯能市の司法書士事務所 債務整理・相続・会社設立・債権回収・不動産登記・商業登記などのご相談は関根司法書士事務所へ

相続とは

相続とは

相続とは、人が亡くなった場合に、その人が持っていた遺産を、
特定の人が引き継ぐことをいいます。

亡くなった人を被相続人、引き継いだ人を相続人といい、
人が亡くなったことにより、相続が発生することが相続の開始です。

相続の開始の原因とは

相続開始の原因は、人の死亡です。次の3つの場合が考えられます。

自然死亡

  通常のいわゆる死亡です。

認定死亡

認定死亡とは、戸籍法上の制度で、重大な事故等で死亡した方がいる場合、
その調査をした官庁等の機関の市町村長への報告により、
死亡したものとして取り扱われることをいいます

失踪宣告による死亡

失踪宣告とは、民法上の制度で、生死が分からない方にについて
一定の要件のもとに死亡したものとみなす制度です。

同時死亡の推定とは

災害や事故などによって、数人が死亡した場合など、
各人の死亡の前後が分からない場合、同時に死亡したものと推定されます。

各人の死亡は、同じの原因の事故等による必要はなく、
死亡の前後がはっきりしなければ、
同時に死亡のしたものと推定されます。

同時に死亡した者の間においては、相続は開始しないことから、
誰が相続人であるかを明らかにするための制度です。

目次へ / 次へ

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional