埼玉県飯能市の司法書士事務所 債務整理・相続・会社設立・債権回収・不動産登記・商業登記などのご相談は関根司法書士事務所へ

相続人とは

相続人とは

民法では、第1順位の相続人として子及びその代襲相続人、
第2順位の相続人として直系尊属、
第3順位の相続人として兄弟姉妹及びその代襲相続人、
これと並んで、配偶者は常に相続人なるとしています。

つまり、子がいる場合は、親や兄弟は相続せず、
子がいない場合に親が相続し、
子と親がいない場合は兄弟が相続するということです。
また、妻や夫は常に相続人になるわけです。

代襲相続人については後述します。

配偶者

配偶者は、常に相続人になります。
内縁関係の場合には相続人とはなりません。

第1順位の相続人は 「子」 です。
子が数人いる場合は、共同で相続します。
子は、実子と養子に分かれます。

実子

実子は血の繋がりのある子のことで、
婚姻届した男女間で生まれた子を嫡出子、
そうでない子を非嫡出子といいます。

婚姻していない場合、
母と子の関係は分娩の事実によって当然に非嫡出子になりますが
父と子の関係は、認知が必要です。

養子

養子は、養子縁組の日から嫡出子になるとされています。
養子は養親の子として相続人になりますが、
実親の相続人としての地位にも変更ありません。
ただし、特別養子という制度があり、
この場合は養子と実親の親子関係を終了させるため、
養子は実親の相続人とはなりません。

胎児

被相続人の死亡時に生まれていない胎児は、
相続に関しては既に生まれたものとみなされています。

直系尊属

直系尊属とは、父母、祖父母などの直系の祖先のことです。
父母のどちらかが存在する場合は、祖父母は相続人となりません。
実親、養親の区別もありません。

兄弟姉妹

兄弟姉妹の中には、父母が同じである場合と
父母の一方のみが同じである場合がありますが、
法定相続分がことなるだけで、どちらも相続人になります。

代襲相続とは

代襲相続とは、相続人が、相続開始以前に死亡した場合などに、
相続人の子が相続人に代わって相続することです。

代襲相続される場合

代襲相続は、相続人の相続開始以前の死亡、相続欠格、廃除の場合です。
相続人が相続放棄をした場合には代襲相続は生じません。

また、代襲されるのは被相続人の子と兄弟であり、
直系尊属や配偶者には代襲相続はありません。

具体例

父が亡くなった場合、子が先に亡くなっていれば、
孫が代襲相続人になるということです。

これに対し、父が亡くなったあと子も亡くなった場合は
代襲相続の問題ではなく、単に相続が2回発生しただけで、
子が父の相続人となり、その後亡くなったと考えるので
子が父から相続した財産を
子の配偶者と孫が相続することになります。

再代襲相続とは

子が亡くなり、更に孫が亡くなった場合などは、曾孫が代襲相続します。
その次の代も同じ扱いになります。
ただし、兄弟姉妹の代襲相続は1代のみで、甥、姪までとなります。

目次へ / 前へ / 次へ
画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional