埼玉県飯能市の司法書士事務所 債務整理・相続・会社設立・債権回収・不動産登記・商業登記などのご相談は関根司法書士事務所へ

相続分とは

相続分とは

相続分とは、相続人が受け取る相続財産の割合のことです。
相続分の決め方は次の3つが考えれれます。
 遺産分割協議・・相続人間での話し合いで決める。
 指定相続分・・・遺言書で指定された相続分による。
 法定相続分・・・民法の規定による

相続分の決め方

遺産分割協議による場合

一般には、遺言が無ければ、相続人全員で遺産分割協議をおこない、
各相続人の相続分を決めます。

全員の合意があればどのように遺産を分けてもいいわけです。

納得しない相続人がいて、全員による合意ができないときは、
家庭裁判所に調停や審判の申立をして決定してもらいます。

遺言による場合

遺言書がある場合は、その内容にしたがって遺産を分割します。

しかし、相続人全員の合意があれば、
遺言書の内容とは異なる分割もできます。

被相続人の意思は尊重されるべきですが、
相続人が納得すれば変えることもできるわけです。

法定相続分による場合

法定相続分は民法で定められた法定相続人の相続分のことを言います。

よく、法定相続分に従った、遺産分割しかできないと思っている方が
いらっしゃいますが、前述の様に、相続人全員の合意があれば
どのような分割をしようと自由な点に注意してください。

法定相続分は、遺言書が無く、また協議がそろわないときに、
相続分を決める目安に利用されるわけです。

調停や審判でも、法定相続分かそれに近い相続分で決めることが多いようです。

法定相続分とは

相続人が配偶者と直系卑属(子およびその代襲相続人)の場合

相続分は
配偶者が2分の1、
直系卑属が2分の1(複数いるときは均等割り)。

但し、配偶者が亡くなっている場合は、全遺産を直系卑属が相続。
子が養子の場合でも法定相続分は同一。
非嫡出子の場合は、嫡出子の相続分の2分の1

相続人が配偶者と直系尊属の場合

相続分は
配偶者が3分の2、
直系尊属が3分の1(複数いるときは均等割り)。
但し、配偶者が亡くなっている場合は、全遺産を直系尊属が相続。

相続人が配偶者と兄弟姉妹およびその代襲相続人の場合

相続分は、
配偶者が4分の3、
兄弟姉妹が4分の1(複数いるときは均等割り)。
但し、配偶者が亡くなっている場合は、全遺産を兄弟姉妹が相続。
父母の一方のみが同じ兄弟姉妹は、父母共に同一の兄弟姉妹の2分の1

直系卑属、直系尊属、兄弟姉妹がいない場合

配偶者が全遺産を相続する。

目次へ / 前へ / 次へ

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional