埼玉県飯能市の司法書士事務所 債務整理・相続・会社設立・債権回収・不動産登記・商業登記などのご相談は関根司法書士事務所へ

遺言の方法

遺言の方法

遺言は、法定されている様式を備えなていなければ、
遺言としての効力を生じないことになっています。

一般的な遺言には、以下の3つの方法があります。

  • 公正証書遺言
  • 自筆証書遺言
  • 秘密証書遺言

公正証書遺言とは

公正証書遺言は、公証人によって作成されます。

公証人が係わることにより、法定の手続に従った遺言書を作成しますので、
法律に反するようなものはまずありません。

また、公証役場にも写しが保管されていますので、
紛失や偽造・変造のおそれもありません。

  • 要件
    • 証人2人以上の立会い
    • 遺言者が遺言の趣旨を公証人に口頭で伝えること。
    • 公証人が遺言者が口述した内容を筆記して、
      これを遺言者および証人に読み聞かせること
    • 遺言者と証人が、筆記が正確であることを認め、
      各自これに署名押印すること

実際の手続きとしては事前に一度公証人役場に行くなり、
遺言の内容をFAXで送るなりして、事前に準備することが
多いようです。

  • デメリット
    • 費用がかかる
    • 証人の立会いが必要になり、内容を完全に秘密にすることができない

自筆証書遺言とは

自筆証書遺言は、遺言の中で最も簡単な方法できる遺言です。

  • 要件
    • 遺言者自身で、
    • その全文、日付および氏名を直筆で書き、
    • これに押印(実印でなくとも可)します。

他人による代筆、ワープロによる文書、
日付がない、日付が年月吉日などは
要件を満たさないとされていますので注意が必要です。

  • デメリット
    • 遺言書が発見されない可能性がある。
    • 相続人に破棄されたり、内容を変えられてしまう可能性がある。

秘密証書遺言とは

秘密証書遺言は、自筆証書遺言と異なり、遺言書自体を自書したり、
日付を書いたりすることは必ずしも必要とされていません。

  • 要件
    • 遺言者が署名押印すること。
    • 証書に押した印鑑でで封印すること。
    • 遺言者が公証人1人および証人2人以上にこの封書を提出して、
      自己の遺言書であることならびに氏名住所を申述すること。
    • 公証人がその証書を提出した日付および遺言者の申述を封紙に記載し、遺言者および証人とともに署名押印すること。

なお、秘密証書遺言については、要件を満たしていなかったとしても、
自筆証書遺言としての要件を満たしているれば、
自筆証書遺言として有効となる余地があります。

現実にはあまり利用されていないようです。

確実性、安全性の観点から、公正証書遺言をお勧めしています

目次へ / 前へ / 次へ

画像の説明

powered by Quick Homepage Maker 4.79
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional